子どもと新型コロナ感染症について

新型コロナウイルス感染症についてはまだまだ不明な点が多く、ご不安ご心配が強いと思います。

冷静な評価がなされた小児についての情報は日本小児科学会や日本小児科医会のホームページから得ることをお勧めします。

日本小児科学会

https://www.jpeds.or.jp/  

日本小児科医会

https://www.jpa-web.org/

 

5月20日に日本小児科学会から発表されている小児の新型コロナウイルス感染症についての見解です。
小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状(日本小児科学会5月18日時点の見解)

http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/20200520corona_igakutekikenchi.pdf

以下抜粋・一部補足
1. 新型コロナ感染症の患者の中で小児が占める割合は少なく、その殆どは家族内感染である。(大人から始まった発熱、咳などの症状時は、より気をつけましょう)

2. 現時点では、学校や保育 所 におけるクラスターはないか、あるとしても極めて稀と考えられる。海外のシステマティック・レビューで学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しいとされている。

3. 小児では成人と比べて軽症で、死亡例もほとんどない。(ゼロではないです)

4. 新型コロナウイルスは鼻咽頭よりも便中に長期間そして大量に排泄される。(月単位)

5. 殆どの小児 新型コロナ感染症の患者は経過観察または対症療法で十分とされている。

6. 急性呼吸不全症例ではコンサルタントや転送のタイミングを逃さないように注意する。

7. 教育・保育・療育・医療福祉施設等の閉鎖が子どもの心身を脅かしており、小児に関しては 新型コロナ感染症関連健康被害の方が問題と思われる。

 

そのほかにも以下のような見解が日本小児科学会のホームページに掲載されています。
参考にしてください。
新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aについて(日本小児科学会5月13日時点の見解)

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

新型コロナウイルス感染症に対する保育所・幼稚園・学校再開後の留意点について(日本小児科学会5月26日時点の見解)

http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=116

 

 

ご予約・ご相談はお気軽に

お一人で悩まず、些細なことでもどうぞ当クリニックまでお気軽にご相談ください

  • common_tel.png
  • bottom_tel_sp.png
staff staff blog